Blog

Blog

  • スポーツ障害
  • 2018/03/20

泉大津市、高石市のスポーツ障害② 肘の痛みでお悩みの方へ~

「肘が痛い」
この言葉を耳にすることはないですか?
実は肘の小指側と親指側で痛みが出ることがあり、症状も異なります。
小指側の痛みはいわゆる「野球肘」と呼ばれることが多いです。
野球をしている子供に多いとされており、重症例では骨折になったケースもあります。
野球肘にも色々な種類はあるのですが、多くはオーバーユース(使い過ぎ)で起こると言われています。
親指側の痛みは「テニス肘」と呼ばれることが多いです。
手首をよく使う方に多く、テニスをよくする中年に多いと言われています。
症状は力を入れると、その部位が痛くなります。
どちらの痛みも使い過ぎが原因の一つですが、その根底に使い方がその使い方を作っていると言っても過言ではありません。
「手投げ・手打ちになっている」「全身を使って動かせてない」「重たいものをよく持つ」「腕を使うことが多い」
これらに当てはまる方・わからない方は一度見てもらう事をおススメします。

大阪府泉大津市/ふじばやし鍼灸整骨院

住所
大阪府泉大津市東助松町4-7-17
診療時間
午前診/月曜~金曜:9:00~12:30
土曜のみ14:00まで
午後診/月曜~金曜:16:00~20:30
水曜午前診のみ
※予約外は19:30まで
休診日
毎週日曜 / 水曜・土曜:午後
最寄駅
最寄駅:南海本線北助松駅
電話番号
0725-33-6677

一覧へ戻る

page top